1990年以降、国内の漁獲量の減少に合わせるように輸入量が増加している。漁獲量と輸入量の合計は11万トン前後で、ほぼ横ばいである。築地市場への入荷量は5808トン(2002年)であった。
潮間帯から水深10mまでの砂泥や砂礫(れき)底にすむ。水管から吸込んだ植物プランクトンなどを鰓(えら)でこしとり食べる。足を使ったり、潮流を利用して移動する。東京湾では1年で殻長1.5cm、2年で3.5cm、3年で4.2cmに成長する。北日本ではこれより遅く、瀬戸内海ではやや速い。産卵期は3-12月で、関東地方以南では春と秋の2回、北海道では夏に1回。1回に150万-600万粒の卵を産む。受精は水中で行なわれ、受精後1日ほどで幼生になる。2-4週間プランクトン生活を送った後、底生生活に移る。
味噌汁、酒蒸し、炊き込み御飯、佃煮、天ぷら、ぬた、パスタ、クラムチャウダー、サラダなど。旬は冬から春。
アサリ属の貝にはアサリのほかヒメアサリ(日本)、ヨーロッパアサリ(ヨーロッパ)などがある。アサリ属のほかにもオキアサリ、オニアサリ、サツマアサリ、リュウキュウアサリなど「-アサリ」と名の付く貝がある。市場で「大あさり」と呼ばれているのはウチムラサキのことである。
 現在、天然種苗のほかに人工種苗の放流もさかんに行なわれている。カキの種苗の輸出にともないハワイ、ヨーロッパ、北米などにも定着している。
 アサリの名の由来は、「漁り」からとする考えがある。
 
砂出しの仕方:くみ置きまたは湯冷ましの水に3%の食塩を加える。アサリの入った容器に、アサリが浸るぐらい塩水を入れ、暗く静かな場所に一昼夜置く。周囲に塩水を飛ばすので注意。




奥谷喬司(編).2000.日本近海産貝類図鑑.東海大学出版会,東京.
水産庁水産流通課.2001.水産貿易統計.
田中邦三・奥谷喬司・荒川好満・浜田善利.1999.有用・有害種.p. 248-297.波部
忠重・奥谷喬司・西脇三郎(編).軟体動物学概説(下巻).サイエンティスト社,東京.
秦 安史.2003.アサリ.p. 316-319.水島敏博・鳥澤 雅(監).新北のさかなたち.北海道新聞社,札幌.








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。