統計資料なし 統計資料なし
沿岸から陸棚上までの海域を、群れを作り遊泳する。時には河川の汽水域にも入る。ふつう水深55mまでの砂または泥底におり、冬期には沖合の水深200m付近まで移動する。幼魚は流れ藻やクラゲに随伴することが多い。クラゲ、小魚、甲殻類、ゴカイ類などを食べる。1年で成熟し、寿命は6年。産卵期は晩春から夏。1年で全長12p、2年で17p、3年で20pに成長する。
干物
バターフィッシュを含むPeprilus 属魚類は、北米から南米の東西両岸におよそ6種が分布している。アメリカ大西洋沿岸には3種(バターフィッシュ、ニシマナガツオP. paru、P. burti)が生息している。本種とP. burti はよく似ており、混同されることがある。なお、本種には生息場所や体形の異なる2型がある(浅海型:水深50m以浅の砂底、体高が高く斑紋がない。深海型:水深250mの泥底、細長く斑紋がある)。
 「しず」はイボダイ(イボダイ科イボダイ属)の関西での名称であったが、市場ではバターフィッシュのような外国産のマナガツオ類を「しず」と呼ぶことが多かった。バターフィッシュなどのマナガツオ類はイボダイによく似ているが、イボダイ類には腹鰭があるので区別できる。
 本種は、1969年ごろから日本にも出回るようになった。当初は冷凍品で出回り、惣菜用にされていたようであるが、現在ではほとんどが干物に加工されている。




阿部宗明.2003.新顔の魚 1970-1995(復刻版).まんぼう社,千葉.
上野輝彌・松浦啓一・藤井英一(編).1983.スリナム・ギアナ沖の魚類.海洋水産資源開発センター,東京。
Carpenter, K. E. ed. 2002. The living marine resources of the western Central Atlantic. Vol.2. FAO species identification guide for fishery purposes and     American Society of Ichthyologists and Herpetologists. Special publication, 5.FAO, Rome.
Collette, B. B. & G. Klein-Macphee. 2002. Bigelow and Schroeder's fishes of the    Gulf of Maine. Smithsonian Institution Press, Washington.








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。