その他のキュウリウオ科の仲間
 キュウリウオ科の魚は、世界で約13種が知られている。そのうち国内に分布するものは、ワカサギとチカのほかに以下の5種がある。

シシャモ:臀鰭(しりびれ)の輪郭が丸みを帯びる。側線は体の前
    方だけにある。鱗の枚数* は59-70枚。北海道沿岸のみ
    に分布。

カラフトシシャモ:臀鰭の輪郭が丸みを帯びる。側線は体の前
    方から尾鰭の付け根まである。鱗は非常に細かく170-220枚。
    北極を中心とした寒帯の浅海に分布。北海道にも分布
    するが、国内で流通するものは輸入品。

キュウリウオ:尾鰭の輪郭が角張る。側線は体の前方だけに
    ある。口が大きく、上あごの後端は眼の後ろに達する。北海道以北、
    アラスカ、カナダ東西両岸まで分布。

イシカリワカサギ:ワカサギに似るが、鱗が少なく51-60枚。
    脂鰭の基底の長さは眼径と同じか長い(ワカサギは短い)。
    北海道以北、アラスカ、カナダ西岸まで分布。

チシマワカサギ:ワカサギに似るが、眼が大きい。千島列島南
    部に分布。

 日本に分布しないキュウリウオ科の魚も輸入されスーパーなどの店頭に並ぶことがある。

* 鰓蓋(えらぶた)から尾鰭まで


長澤和也・鳥澤 雅.1991.漁業生物図鑑 北のさかなたち.北日本海洋センター,札幌.
細谷和海.2000.キュウリウオ科.pp. 295-296.中坊徹次編.日本産魚類検索 全種の同定第2版.東海大学出版会,東京.
Eschmeyer, W. N., E. S. Herald and H. Hammann. 1983. A field guide to Pacific coast fishes of North America. Houghton Mifflin Company, Boston.
Nelson, J. N. 1994. Fishes of the world. John Wiley & Son, Inc., New York.








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。