ランプフィッシュとは何か。/イミテーションキャビアに使われている卵は何の卵か。
ランプフィッシュはダンゴウオ科の魚。ヨーロッパから北米東岸に分布し、腹部の吸盤で岩などについている。身は軟らかいが食用となる。卵はキャビアの代用品に使われている。


 ランプフィッシュはカサゴ目ダンゴウオ科の魚である。日本に分布するダンゴウオの仲間は、ほとんどが体長数cmの小型の魚であるが、ランプフィッシュは50cm以上になる。堅くて厚みがある皮には大きな骨質の突起が3列にならび、その間に小さな突起がある。腹鰭(はらびれ)は変形して大きな吸盤になっている。体色はふつう灰色から緑灰色であるが、繁殖期には雄は赤みがかる。
 ヨーロッパ北西部のビスケー湾以北、北海から白海、アイスランドからグリーンランド南部、北米のメリーランド州からハドソン湾に分布する。水深20 - 200 m の石や堅い海底にすむが、中層を泳ぐこともある。2-5月に沿岸の浅所でペアを作り、直径約 25 mmの卵を10万-35万粒産む。雄が卵を保護する。稚魚は海藻の間にすみ、1年で15-30cmに成長する。成長とともに深場に移り、3-5年で成熟する。主に小型の甲殻類やクラゲを食べる。








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。