これらをそれぞれ salmon, trout と呼んだ。北アメリカに進出したヨーロッパ人が太平洋岸で様々なサケ科魚類に出会い、海に下るものにはsalmon(chum salmon サケ、king salmon マスノスケなど)、もっぱら川や湖で生活するものをtrout(rainbow trout ニジマスなど)として命名したと思われる。


 明治以降、海外から様々なサケ科魚類が日本に持ち込まれるようになった。その時、英名を直訳し、troutにマス、salmonにサケを当て、たとえば、 rainbow trout をニジマス、 silver salmon (または coho salmon) をギンザケなどとしたために名前の混乱が生じたようである。
 参考までに、資料館に寄せられる問い合わせから判断すると、多くの場合、サケは“新(荒)巻ざけ”にするサケ(シロザケ)、マスはサケ類にしては筋肉の色が淡いカラフトマスのことをイメージしているようである。

*中部日本から西日本の文書の鱒はヤマメ(サクラマスの陸封型)やアマ ゴ(サツキマスの陸封型)、近江国のものはビワマスの可能性もある。 **北部北大西洋に分布するタイセイヨウサケのことで、現在、ノルウェ ーなどから海中養殖されたものが大量に輸入されている。北アメリカに は陸封型もいる。 ***ヨーロッパに生息するトラウトのことで、陸封型(ブラウントラウ トと呼ばれる。日本にも移植され、定着している)以外に、降海型 (シートラウトまたはサーモントラウト)もいる。


遊磨正秀・生田和正. 2000. ホタルとサケ. 岩波書店, 東京.
ジーニアス英和大辞典. 2000. 大修館書店, 東京.








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。