ユメカサゴはフサカサゴ科の魚で、岩手県以南、東シナ海、朝鮮半島南部の水深200-500mの砂泥底に生息する。胸鰭(むなびれ)の上腋部(じょうえきぶ、胸鰭の内側の上部)に大きい皮弁(ひべん)が1つある。体は赤く(朱紅色)、赤褐色の横帯(おうたい、横じま)が4本ある。鰓蓋(さいがい、えらぶた)の内面は黒い。
 体長は30cm前後になる。美味しい魚で、さまざまな惣菜にされる。
 鰓蓋の内面が黒いことから“のどくろ”の呼称があるのであろう。

 このほか、神奈川県や千葉県では、ソウダガツオ類(ヒラソウダとマルソウダ)を“のどく(ぐ)ろ”とも呼ぶ。相模湾では、沖合生活型のマアジを”のどくろ”と呼ぶ(沿岸生活型を“まあじ”または”あじ”と呼ぶ)。ソウダガツオ類の場合、鰓孔(さいこう、えらあな)上端の暗色斑からであろう。
 マアジも、鰓孔の上端周辺にある黒斑からと思われるが、鰓膜(さいまく、鰓蓋 [さいがい、えらぶた] の下方の内側にある膜)が黒い(大型のものほどより黒い)ことからかもしれない。三崎地方のキンメダイの立縄釣にかかる大型のマアジの鰓膜は真っ黒である。
 築地市場では、アカムツは“のどくろ”、ユメカサゴ(東シナ海産)は“あらかぶ”*と呼ばれことがある。


*“あらかぶ”は九州でのカサゴ(フサカサゴ科)の呼称。


片山正夫.1984.アカムツ.p. 122.益田 一ほか(編).日本産魚類大図鑑.東海大学
  出版会,東京.
日本魚類学会(編).1981.日本産魚名大辞典.三省堂,東京.
山田梅芳.1986.ユメカサゴ・アカムツ.pp. 132- 133, 314.山田梅芳ほか(編).東シナ海・黄海のさかな.
西海区水産研究所,長崎.








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。