アブラガニ
Paralithodes platypus
油蟹、あおがに
節足動物門十脚目異尾亜目タラバガニ科タラバガニ属
北海道以北、オホーツク海-ベーリング海
本種やタラバガニ、ハナサキガニを含むタラバガニ科は、「カニ」といってもヤドカリの仲間(異尾亜目)なので、脚は8本しかない。脚や甲に短いが太くて鋭い棘がある。脚の先端や鋏(はさみ)には毛が生えている。甲の後方中央にある心域の棘は4本。額から前方に突き出す額角の先端は鈍く、上面に4本の棘がある。背面は青みがかった紫色で、腹面は白。大型で、甲幅18cmを超える。


タラバガニ
Paralithodes camtschaticus
鱈場蟹
節足動物門十脚目異尾亜目タラバガニ科タラバガニ属
日本海、オホーツク海-ベーリング海、カナダ北部太平洋岸の水深30-360m
本種やタラバガニ、ハナサキガニを含むタラバガニ科は、「カニ」といってもヤドカリの仲間(異尾亜目)なので、脚は8本しかない。脚や甲に短いが太くて鋭い棘がある。脚の先端や鋏(はさみ)には毛が生えている。甲の後方中央にある心域の棘は4本。額から前方に突き出す額角の先端は鈍く、上面に4本の棘がある。背面は青みがかった紫色で、腹面は白。大型で、甲幅18cmを超える。
刺身、塩茹で、素焼き、天ぷら、缶詰
国内でまとまった漁獲があるのは北海道だけで、最近の5年間は100d前後で推移している。2001年の漁獲量は180dであった。輸入は25796.8d(2002年)で、ロ    シア、アメリカ、北朝鮮、中国が主な輸出国である。ただし、この中には相当数のアブラガニが含まれていると思われる。


尾本 洋.1999.日本海の幸-エビとカニ-.あしがら印刷,南足柄市.
多紀保彦・武田正倫・近江 卓ほか.1999.食材魚貝大百科第1巻 エビ・カニ類+魚類.平凡社,東京.
水島敏博・鳥澤 雅(監).2003.漁業生物図鑑 新北のさかなたち.北海道新聞社,札幌.
三宅貞詳.1985.原色日本大型甲殻類図鑑(T).保育社,大阪.








Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。