サケ科 サバ科
    サケ属
    タイセイヨウサバ
    タイセイヨウサケ
    キハダ
トビウオ科
    カツオ
    トビウオ
    メバチ
メルルーサ科 メカジキ科
    メルルーサ
    メカジキ
スズキ科 ヒラメ科
    スズキ
    ヒラメ
シイラ科 カレイ科
    シイラ
    タイセイヨウオヒョウ
クロタチカマス科
    コガネガレイ
    バラクータ
 
ミズダコからもジェリーミートが報告された。

(2) 生理作用によると考えられるジェリーミート
 産卵後のサケは筋肉が非常に軟化し、ときに流動状になるものもある。また、グリーンランドアカガレイも産卵後に筋肉が軟らかく、崩れやすくなる。この場合は産卵行動により筋肉中のタンパク質が極度に消耗したためと考えられている。

(3) 原因不明のジェリーミート
 「サシ」と呼ばれるものは、メバチやカツオの筋肉中に不定形の空胞ができ、中に液がたまる。「フクロ」と呼ばれるものは、ヒラメなどで骨と皮を残し筋肉全体が液化する。これらの筋肉からは粘液胞子虫は発見されず、原因はわかっていない。


小長谷史郎.1982.異常性状の魚肉:ジェリーミートとヤケ肉.日本食品工業学会誌,29(6): 379-388.
小長谷史郎.1984.魚類,とくにキハダマグロのジェリーミートに関する研究.東海区
水産研究所研究報告, (114): 1-101.
須山三千三.1998.異常肉.p. 188-194.小野征一郎編.マグロの生産から消費まで.成山堂書店,東京.
東京都市場衛生検査所(編).1990.粘液胞子虫類.p. 27-30.魚介類の寄生虫ハンドブ
  ック第2巻.東京都情報連絡室都政情報センター管理部事業課.
長澤和也.2001.魚介類に寄生する生物.成山堂書店,東京.
横山 博.2000.魚肉に寄生する原虫.海洋と生物, 22(5): 436-441.






Copyright(C) 2007 財団法人 水産物市場改善協会.All Rights Reserved.
本サイトはIEで最適化してあります。NS等の他ブラウザでは正常に表示できない場合があります。